スチームクリーナー フローリング 痛む

スチームクリーナーでフローリングが痛むって本当?

スチームクリーナーが一台あればキッチンからお風呂場からリビングまであらゆるところを掃除することができます。掃除機のように乾拭きをするわけではなく、水を使ってきれいにすることができるので汚れも落とせますし、臭いも取ることができるので持っていると重宝するアイテムですよね。

 

中にはフローリングの床もスチームクリーナーで掃除しようと思っている方もいるかもしれませんが、それはちょっと待った方がいいです。

 

というのも、フローリングの材質や状態によっては使えない場合や痛めてしまう可能性もあるから

 

スチームクリーナーは熱を蒸気によって掃除する機械ですから、熱に弱かったり、水分に対して耐性がないフローリングの材質だと変色してしまうことがあります。また、しっかりとワックスがかけられている場合だとそのワックスをはがしてしまうことになるので、掃除した後に汚れが付着しやすくなってしまうこともあるのですね。

 

ですので、フローリングにスチームクリーナーを使うときはフローリングの材質や状態を確認しておくことが必要です。

 

購入予定のスチームクリーナーがある場合は事前にフローリングに使えるかをしっかりと確認しておく必要がありますので、販売ページの注意点やQ&A部分をよく確かめておきましょう。

 

スチームクリーナーを直接噴射して掃除することはフローリングを痛めてしまうために基本的にはできないのですが、ただ、すべてのスチームクリーナーがフローリングに使えないかというとそういうわけでもありません。

 

中には工夫することで使えるものもありますよ。

アタッチメント次第ではフローリングに使える!

スチームクリーナーを直接フローリングに噴射することは基本的にはできないのですが、アタッチメントを上手に活用することでフローリングに使用することができます。

 

例えば、フローリングにも使えるような布製のパッドを付けて掃除すれば直接フローリングに噴射するのではなく、熱タオルで掃除するようにできるので痛める心配がありません。

 

また、家庭用で使いやすいハンディタイプのものであっても延長パイプを付けることで立ったまま掃除機をかけるようにスチームクリーナーを使えるモデルもあります。

 

そういった高性能でアタッチメントが豊富なものであればフローリングを痛めることなくきれいにすることができるので、おすすめできますよ。

 

それこそ、このサイトで紹介しているH2Oスチームユニオンは家庭用でありながら高性能ですし、アタッチメントも豊富で掃除機をかけるようにフローリングの掃除をすることもできます。

 

実際にそういった使い方をすることもできると公式販売サイトでは明記されていますよ。

 

夏場は足の裏にかいた汗でフローリングがべたつくことがありますし、大掃除の時などは水拭きすることがあると思いますが、そういったときにスチームクリーナーがあると本当に掃除が楽になりますから、興味を持っている方はぜひ使ってみて欲しいですね。
今なら商品到着後30日以内であれば使った後でも返品することができる返金返品保証の特典もついていますし、特別価格で買えるチャンスもあります。

 

H2Oスチームユニオンを使って掃除器では落とせないフローリングの汚れを綺麗にしてみてくださいね。

page top