H2Oスチームユニオン 使い方

H2Oスチームユニオンは使い方簡単!

気になる汚れがあるときに、「業者に頼むほどでもないけど何とかしたい!」と思うことってありますよね。その時に頼りになるのがスチームクリーナー。

 

洗剤がいらず水だけの力で汚れを落とすことができるので、一家に一台あると便利です。

 

H2Oスチームユニオンは家庭用の小型のスチームクリーナーとなっているから、重宝することになりますが、スチームクリーナーは業者が使うものだから使い方が難しそうと思っている方も意外と多いみたいですね。

 

でも、H2Oスチームユニオンは使い方簡単で、初めて使う方でもすぐに使いこなせますよ。

 

どのくらい簡単かというと「水を入れて、電源を入れて、ボタンを押す」だけ。たったこれだけでスチームクリーナーでの掃除ができるようになります。

 

業者が使うような大型のものだと、水の勢いが強すぎたり、勢いの調節が難しかったりするのですが、H2Oスチームユニオンは身体が動くくらい強く水が噴射することはありませんし、パワーを調節する必要もないのでとにかく簡単に使うことが可能。

 

これだけ気軽なのにパワフルだから、普段掃除できないところもついつい掃除しちゃいたくなって、使っていて楽しい!という気分にもさせてくれますよ。

 

H2Oスチームユニオンの使い方に特に難しい操作はいりませんし、今なら30日間の返金返品保証付きで購入できますから、まずは試してみるのもいいかもしれませんね。

使い方は簡単だけど注意点はあり!

H2Oスチームユニオンの使い方は簡単です。これは実際に使ってみればわかります。ただ、簡単なために注意しなければならない部分もありますよ。

 

例えば、使用できない素材もあるということ。

 

スチームクリーナーが使用できる素材は基本的には高温のスチームに対して耐久性のある素材となります。金属板や陶器、衣類や布製品(一部を除く)など。

 

けれども、中にはH2Oスチームユニオンが使用できない素材もあります。例えば、革製品やニスなどの処理をしたフローリング床、人工大理石など。

 

気軽に掃除ができるので、ついついあの場所もこの場所もと掃除してしまうことがあるのですが、間違って高温スチームの耐久性がない素材に噴射してしまうこともありますから、使用できない素材もあるということをしっかりと理解しておきましょう。

 

また、小さなお子さんがいる家庭で使うときにも注意が必要です。

 

H2Oスチームユニオンは約110℃の高温スチームが噴射されるので、子供が間違って使ってしまったら火傷してしまう危険性もあります。

 

ですから、H2Oスチームユニオンを使用しているときは常に周りの安全を確認して、使用していないときはしっかりとおチャイルドロックをしておくようにしてください。

 

思わぬ事故を防ぐためにも意識しておきましょう。

 

H2Oスチームユニオンは使い方が簡単な分、注意するべきところに意識が向かないことがありますが、そういった油断が思わぬ事故を引き起こしてしまいますから、使用前にしっかりと説明書を確認して、周りの状況も確認してから使う用にしてくださいね。

page top